TROUBLE

HEADLINE

道端アンジェリカ復帰宣言も「恐喝容疑は不起訴」「社会貢献したい」に冷めた声…と禊ヌードの可能性

夫の恐喝事件から“美人局(つつもたせ)疑惑”が浮上し休業していたモデルの道端アンジェリカ(34)が、芸能活動を再開させることが14日、分かった。

本紙スポニチのインタビューに明らかにしたもので、夫とは別居し、離婚協議に入ったことも涙ながらに告白。仕事復帰の理由は1歳11カ月の長男の存在で「私が育てます。シングルマザーとして頑張ります」と明かした。

夫と離婚協議中
子育てに為に仕事を再開

「夫とは離婚協議中で、離婚届は1カ月前に判を押して送ってます。小さい子供がいるので生活していかなきゃならない。私一人で育てていくので仕事を再開したいと思うようになったんです」

メディアへの登場は8カ月ぶり。この間に新型コロナの感染拡大もあり「芸能人の友達がSNSでメッセージを出して社会貢献している中、それをやっちゃいけないような存在になっている自分がつらかった」と明かした。

事件があったのは昨年8月。飲食店経営の夫(38)が会社役員の知人男性を「おまえの家族をめちゃくちゃにしてやる」などと脅し、指定口座に35万円を振り込ませた疑い。

2カ月後に夫は逮捕されたが、恐喝現場に道端も同席していたことが判明。事件前日に道端とこの男性が夫の飲食店個室でイチャついていたことも分かり“美人局疑惑”に発展した。

美人局疑惑を釈明

「あれは全くの誤解で事実ではありません」と、疑惑の当事者である道端が初めて真相を明かす。

「友人女性を含めた4人でランチに行き、その後カラオケに行こうとなり、夫のお店に4人全員で行ったんです。だから部屋には夫も何度も来たし、密会なんかしていない」と強調。男性とイチャついていたことは

「イチャついていたのではなく子供を産んでからほとんどお酒を飲んでいなかったので、はっちゃけ過ぎてしまった。夫はそんな私の姿を初めて見たので怒ったんです。

その場で夫婦ゲンカになり、それを見てみんな帰っちゃったんです。その一部始終が写った部屋の防犯カメラを警察に提出したので、私は事件に一切関係がないとして不起訴になりました」。

その翌日、男性を恫喝(どうかつ)した現場に同席したことについては「夫に男性との浮気を翌朝までずっと疑われ“直接アイツに聞く。おまえも来い!”と連れていかれた」という。

その場では、お金を請求する場面は一切なかったそうで「録音が全部残っていたので、夫も不起訴になったのだと思います。でも、私が夫を怒らせたことが原因であることに変わりはないです」と反省。

ただ、離婚にまで発展したことには「夫にケータイを取られ、連絡先も全部消され、彼が逮捕されるまでの2カ月間は夫の怒りで大変でした。詳しいことは協議中なので…」と声を震わせ、涙がこぼれ出た。

既に出版社から仕事の依頼が来ているという。「シングルマザーだった母からは“息子という字は自分の心と書く。子供のお手本になれるようにしなさい”と言われました。その言葉を胸に歩んでいきたい」と話した。

◆道端の夫逮捕

韓国籍の夫が昨年10月3日、知人男性への恐喝容疑で警視庁組織犯罪対策2課に逮捕された。事件の端緒となった同8月6日に、この男性と道端が夫の経営する飲食店でイチャついていたことが判明。
美人局疑惑が報じられたものの「なぜ、わざわざ夫の店で密会したのか」などの疑問が浮上。夫との共謀が疑われた道端も、逮捕された夫も不起訴に。道端は育児に専念したいなどの理由で休業した。

◆道端アンジェリカ
(みちばた・あんじぇりか)

1985年(昭60)12月5日生まれ、福井県出身の34歳。アルゼンチン人の父親と日本人の母親を持ち、全員がモデルとして活躍する「道端3姉妹」の三女。
05年から起用された雑誌「S Cawaii!」で人気に。日本テレビ「ヒルナンデス!」などのテレビでも活躍。夫とは17年12月に結婚。

[via:スポニチ]
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/15/kiji/20200614s00041000361000c.html

この投稿をInstagramで見る

お久しぶりです。 昨年は関係者の方、ならびにファンの方へご迷惑とご心配おかけしたこと心より深くお詫び申し上げます。 このたびモデル活動を再開するにあたって、まずは自分の言葉でちゃんとみなさまに伝えられたらと思い、動画を撮りました。 あれからたくさんの時間をかけ自分自身と向き合い、私なりにこれから先どう生きていくか、どう生きていきたいか考えました。 私はこのお仕事が心から好きです。このお仕事に出会え、みなさまの支えのおかげで今までの私がありました。 これからは今まで私を支えてくださっていた方々に恩返しをするつもりで、モデル活動のみならず、社会貢献につながるお仕事をしていきたいと思います。 これから先のことですが、私は今まで所属していた事務所を辞め、独立することにしました。 これからは一人の女性として母として、そしてモデル道端アンジェリカとして、一人でゼロからスタートしていきたいと思います。 微力ではありますが、少しでもみなさまのお役にたてるよう、そしてモデル活動や社会貢献活動を通してまたみなさまを幸せにできますように努力いたします。 最後まで読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m

道端アンジェリカ(@angelica_michibata)がシェアした投稿 –

社会貢献もしたい

モデルの道端アンジェリカが6月15日、自身のインスタグラムを更新。芸能活動を再開することを報告した。

「このたびモデル活動を再開するにあたって、まずは自分の言葉でちゃんとみなさまに伝えられたらと思い、動画を撮りました」と動画撮影の意図をつづった。

「あれからたくさんの時間をかけ自分自身と向き合い、私なりにこれから先どう生きていくか、どう生きていきたいか考えました」

「私はこのお仕事が心から好きです。このお仕事に出会え、みなさまの支えのおかげで今までの私がありました」

と振り返った。

これからは今まで私を支えてくださっていた方々に恩返しをするつもりで、モデル活動のみならず、社会貢献につながるお仕事をしていきたいと思います」と決意を記した。

事務所を辞め独立

「これから先のことですが、私は今まで所属していた事務所を辞め、独立することにしました」と報告。

「これからは一人の女性として母として、そしてモデル道端アンジェリカとして、一人でゼロからスタートしていきたいと思います。

微力ではありますが、少しでもみなさまのお役にたてるよう、そしてモデル活動や社会貢献活動を通してまたみなさまを幸せにできますように努力いたします。」とつづった。

恐喝事件を釈明

動画では「こんにちは、道端アンジェリカです。活動再開するにあたって、まず今の気持ちを伝えたいと思います」と前置きしたうえで

「私は昨年10月23日に恐喝容疑で書類送検されました。事件になるようなことは一切何もなく、隠すことも何もなかったので、映像など出せるデータをすべて出し、捜査に全面協力いたしました。

そして、昨年10月25日、東京地検が不起訴とし、事件がなかったことを認めていただいております」

と昨年世間を騒がせた騒動について報告。「関係者の皆様には多大なるご迷惑をおかけし、ファンの皆様にはご心配おかけしたことを深くお詫び申し上げたいと思います」と謝罪した。

続けて「今回のことを真摯に受け止め、1人の女性として、母として、そしてモデルとして再スタートを切りたいと思います。

そして、モデルである私にとって大切で大きなチャレンジが1つ決まっておりますので、もう少しでお知らせできると思います。楽しみにしていてください」とファンに呼びかけた。

[via:スポニチ]
https://news.livedoor.com/article/detail/18417905/

社会貢献発言が炎上?

事件については、「全くの誤解で事実ではない」とキッパリ。

友人女性4人で食事をした帰りに夫の店へ行ったとし、「子供を産んでからほとんどお酒を飲んでいなかったので、はっちゃけ過ぎてしまった」と説明。

「夫はそんな私の姿を初めて見たので怒ったんです」と“美人局疑惑”を否定したという。夫が逮捕されるまでは、「夫の怒りで大変だった」と涙ながらに語ったという道端。

いっぽう復帰にあたって「社会貢献」を掲げている道端だが、新型コロナウイルスの影響もダメージになっていたという。

コロナ禍で「芸能人の友達がSNSでメッセージを出して社会貢献している中、それをやっちゃいけないような存在になっている自分がつらかった」と告白。この発言に対して、厳しい声が上がっているのだ。

《社会貢献する気持ちがあるのであれば、わざわざSNSに投稿しなくても出来るはず》

《一番ひっかかったのは「他の友達がSNSで社会貢献をしてて」って部分。別に社会貢献をSNSで発信する必要はないと思う》

《社会貢献をやっちゃいけない空気ってなんですかね!? 貢献するのは自分の気持ちであって表に出ずに貢献する事もできる》

「道端さんは過去にも『(結婚相手の年収は)5,000万円は絶対ほしい』『子供はベビーシッターに見てもらいたい』といった発言で度々炎上していました。

活動休止する際に、『育児に専念』と説明したことも物議を醸したようです。少なからず、これまでの発言の積み重ねが影響しているのではないでしょうか…」(芸能関係者)

果たして道端の復帰は吉と出るのだろうか――。

[via:女性自身]
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1869217/

テレビはもう難しい?

ネット上では、

《ムリに復帰しなくてもいいよw》

《昔はそれなりに需要があったと思うけど、今さら戻る場所なんてないだろ》

《あの旦那を見たらもはやセレブ感ゼロだろ》

《子どもを盾に復帰の道を模索ですか?ほんと、ご都合主義だな》

《裏表のある怖い人というイメージが定着しちゃったからな。テレビはもう難しいのでは?》

など、復帰に関して否定的な意見が圧倒的だ。

みそぎヌードも?

「モデルとして芸能界に復帰するのはかなり厳しい様相ですが、一方で、出版や映像業界からは仕事のオファーが舞い込みそうです。

モデル全盛期のころから月日がたっているとはいえ、ジェシカはまだ34歳です。身長175センチ、スリーサイズは上から86・60・88の抜群のスタイルは、まだまだ健在です。セクシー写真集やビデオを発売したら爆売れ間違いないでしょう。

離婚したら、いつまでもセレブを気取っているわけにはいきません。先の見えないモデル業よりも活路は見いだせると思いますよ。モデルの仕事が思ったよりも順調に推移しないときが転機になるでしょうね」(芸能関係者)

道端の〝みそぎセクシー〟を心待ちにしているファンも多そうだ。

[via:まいじつ]
https://myjitsu.jp/archives/121641

ネットの反応

・需要ねーだろ
・ビックリする位に真実味が無い言い訳
・どうして被害者ぶってるんだ?
・はっちゃけ過ぎてしまったw
・酒飲んで暴れたのはお前じゃん
・子どもをだしに使うのが腹が立つ。芸能界にもどりたいだけ。
・何で今更弁解してんの?示談してから口裏合わせ?
・35万は返したのか?示談が成立したのか?そこを語らないなら自粛継続してください
・不起訴になった=事件がなかったじゃないでしょ。報道された内容には事件性がなく不起訴になりました。ならまだしも、現実に起きた事はなくならないよ。
・なんで悲劇のヒロインぶってんだろ
・人間性って顔に出る モロに
・もう芸能界に居場所ないよね
・組対2課が動いたのがイメージ悪かったなあ
・こんなダークなイメージがついたモデルを起用するブランドってあるのかな。
・いやー、もう無理だろ 事件抜きにしてもハーフ枠の入れ替わり激しいし、もうおばさんだし何の取り柄もないだろ
・問題なかったのなら離婚しなくてもいいんじゃないの?
・コロナ禍で金の切れ目が縁の切れ目になったのね
・偽装離婚とかありえるよなw
・この人が、モデルとして活動しようがタレントとしてテレビに出ようが半グレや反社の資金源に貢献としか思えない。
・ほぼ一般人なんだし普通に働いて地道に社会貢献して下さい
・申し訳ないがもう彼女の居場所は芸能界に無い。
・おいおい記事に載ってた被害者や目撃者の証言内容と違ってないか?
・自然に35万が振り込められたの?
>「事件がなかったことを認めていただいております」
・不起訴というのは、事件がなかったのではなくて事件性が立件できなかった(しなかった)だけでしょ。
・疑惑にまみれたやつが常套句として使う方便。
・限りなく黒に近いグレーであることにかわりなく、紙一重と言うこと。
・旦那の方も不起訴になっている時点で明らかに違和感しかないな
・別口で脅して示談にする例の輩連中のいつもの手口やろ?
・今後私に対して事件への関与を匂わせるような書き込みをした場合は『誹謗中傷』として情報開示および出るところに出させて頂きます宣言にしか見えない
・木村花の件以降、誹謗中傷に対しての取扱いが変な方向へ行っている気がする。自分にとって不都合な真実も誹謗中傷にしてシャットアウトしようとしてるだけにしか見えない
・悪い人には思えないんだけど、男の影響を受けやすいのかな
・インスタ見たけど違和感しかない。応援コメントまでたくさんあって…世の中、不思議な人がいっぱいいるもんだね。
・まずは普通のアルバイトからスタートしたら?コンビニとか、スーパーでもいいじゃん。介護の現場も人手不足らしいよ?

関連商品

コメント

  1. 4
    よのすけ 2020/06/17 7:23

    まあ社会貢献も結構だが、とりあえず今出来る事はヌードなどセクシーな仕事だろうな。キレイごとでは飯は食えない・・

  2. 3
    名無しさん 2020/06/16 22:56

    そもそもが大したいい女でもない 

  3. 2
    名無しさん 2020/06/16 20:52

    自死した木村さんの遺体をこん棒代わりに振り回して生きてくんだろうどうせ

  4. 1
    名無しさん 2020/06/16 19:34

    Kの法則発動

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事