OTHER

HEADLINE

木村花の死について 三田アナ「SNSだけに原因があるとはいえない」坂上忍「匿名と一緒にされたら困る」

1人の女性アナウンサーの言葉に怒りが渦巻いていた胸の内を、そっとなでられたような気がした。

25日深夜に放送されたフジテレビ系ニュース番組「Live News α」。

23日に急死した女子プロレスラー・木村花さん(22)のニュースを報じたキャスターの三田友梨佳アナウンサー(33)が、大きな目でカメラを見つめて語りかけた。

「テレビに出る人にも心があります。ですが、SNSだけに全ての原因があるとはいえないと思います。私自身、テレビをつくる身として、どうしたら防げたのか、どれだけつらい思いをされていたのか、番組とはどうあるべきなのか、しっかり考えていきたいと思います。心よりお悔やみ申し上げます」。

用意された原稿を読むのではなく、一度も目をそらさず、最後に深々と頭を下げた、その姿。そこには同局を代表して、言葉を紡ぎ出そうとする覚悟があった。

真剣そのものの、その言葉を聞くまで私の胸には、フジへの疑問が渦巻いていた。なぜなら、22歳の将来性にあふれた女子レスラーの死には同局の責任が大きいと考えていたから。

23日午前3時半ごろ、東京・江東区の自宅マンションのベッドで心肺停止状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された木村さんは、近い将来の米トップ団体・WWE移籍も期待される大器だった。

リング外でもNetflix(ネットフリックス)で先行配信され、昨年6月からはフジテレビオンデマンド(FOD)でも配信スタート、同年7月からはフジ系地上波でも放送されている恋愛リアリティー番組「TERRACE HOUSE TOKYO 2019―2020」(テラスハウス)に昨年9月から出演。キュートなルックスと歯に衣(きぬ)着せぬ発言で人気者になっていた。

「テラスハウス」は東京のシェアハウスを舞台に男女6人の共同生活を描く番組。木村さんもネットフリックスの世界配信のおかげでプロレスの枠を超えた人気者となっていたが、3月31日に配信、地上波では今月18日深夜に放送されたばかりの第38話で事件は起こった。

木村さんが「夢の舞台」と表現した今年1月4日の新日本プロレス東京ドーム大会で着用。「命と同じぐらい大事なもの」と言う10万円以上するコスチュームを入れていた洗濯機を男子メンバーが誤って操作。色あせ、縮んでしまったため、着られなくなる「コスチューム事件」が発生したのだ。

この放送回で、木村さんは男性メンバーを強い言葉で叱責(しっせき)。かぶっていた帽子を手で払うなどの言動にSNS上での批判が殺到した。


私も当該の放送回を見直したが、男性メンバーとの言い争いの中、木村さんが「一生懸命、死にものぐるいで骨まで折って、働いているヤツをなめんなって感じ」、「なんで黙っているんだよ。ふざけんなよ」などの強い言葉を放っていたのは事実だ。

一方で涙ぐみながら「あのコスチュームで夢にも思ってなかった東京ドームのリングにも上がったし、タイトルマッチにも挑戦したし…」と、本音をむき出しにした女子レスラーに、ネットが牙をむいた。

放送後、木村さんのSNSには1日100件以上の罵詈(ばり)雑言の書き込みが殺到した。

木村さんは23日未明に「愛しているよ」と愛猫と一緒の写真を投稿。画像の上には「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね」と文字を乗せ、更新したストーリーズにも愛猫との別カットの写真に「さようなら。」という文字をかぶせていた。

この書き込みにファンからの心配の声が集まった直後に木村さんは急死。遺書が残されていたことは報じられているが、まだ、不透明な部分も残されているだけに現時点での彼女の死への無責任な分析は避ける。

しかし、私は木村さんの発言に多くの批判が集まっていた問題の第38話を地上波でも放送した上、番組の公式YouTubeでも「コスチューム事件」を取り上げた動画をアップ。火に油を注いだ形のフジの姿勢には、大きな問題があったと思う。

木村さんが番組中でもリング上と同じヒール(悪役)を演じさせられたのではないかという疑問まで浮上。

実際、番組の公式ツイッターには番組の打ち切りを求める声や木村さんの名誉のため、いわゆる“やらせ”に似た演出上の問題がなかったかの公表を求めるコメントが集まっている。

「あえて木村さんをたたかせたと思われても仕方がない演出では?」

「木村さんの死は番組の責任ではないが、原因ではある。編集に問題があると思う」

「編集の仕方を考えるべきだった」

など、視聴者の多くは作り手側に問題があったと見ているのだ。

さらに言えば、誰が見ても番組のせいで、一気にヒールとなってしまった彼女の個人SNSが炎上する可能性も番組側が十分、考慮し、監視されるべきだったと思うし、米国では自殺者も相次いでいるリアリティー番組出演者への配慮に決定的に欠けていたのは事実だと思う。

だからこそ、事件後のフジの報道に注目していたのだが、その内容は肩すかしに近いものだった。23、24日の夕方のニュース番組「FNN Live News it!」では報じず、24日夜の「Mr.サンデー」でも、この件に触れなかった。

25日になって、やっと朝の「めざましテレビ」で木村さんの死を報道。VTRで所属団体・スターダムや番組としての「テラスハウス」の発表コメントを紹介。

「木村さんのSNSなどには番組出演や番組内の発言をめぐり、誹謗中傷する内容の多くの投稿が―。その中には番組降板を求めるものや彼女の存在自体を否定するような内容まであったと言います」と、初めて誹謗(ひぼう)中傷の中身にも触れた。

続く「とくダネ!」でも番組後半の午前9時半ごろからの約5分間、「めざましテレビ」とほぼ同内容のVTRで木村さんの訃報を伝えた。

その後、スタジオで伊藤利尋アナウンサー(47)が「木村花さんの突然の訃報に接し、言葉を失っております。ご親族の皆様へ謹んでお悔やみ申しあげるとともに、ご冥福を心よりお祈り申し上げます」と言う同局の公式コメントを代読。次の話題に移った。だが、スタジオでの出演者らによるこの件に関するトークの場面はなかった。

昼の「バイキング」でもMCの坂上忍(52)が「僕の個人的な感想ですけど、度を越したような誹謗中傷をやるような人たちって、申し訳ないですけど、その程度の人たちとしか思っていないので。

ただ、こういうことが起きますと、今後はそれだけじゃすまないと。明らかに言葉の暴力ですから、何かしらの形で匿名逃れはできなくなっていっていただきたいし、何かしらの形で罰せられるような世の中にならなきゃいけないと、僕は思っています」と怒りをあらわにした。

しかし、同局自体の番組制作面での反省、問題点の提示、何より木村さんの死への温かみのある言葉が電波に乗ることはなかった。

もちろん、突然の死の直後で情報も不足しているという事情も重々、承知しているが、長時間に渡って、この件を報じる他局との“温度差”を感じてしまったのも事実だ。

だからこそ、私は怒りまで覚えていたのだが、1日の終わりに見た三田アナの真剣そのものの表情がすべてを救ってくれた。用意された原稿を読むのではなく、あくまで自分の生の言葉で、自分の正直な思いを口にした姿は潔かった。

そこには「SNSだけに全ての原因があるとはいえないと思います」と言う冷静な分析と自局の番組作りへの冷静な反省、「どれだけつらい思いをされていたのか」と言う木村さんへの思いやり、「番組とはどうあるべきなのか、しっかり考えていきたい」と言う、これからの番組作りへの決意まで全てが盛り込まれていた。

思えば、昨年3月6日、東京・台場のヒルトン東京お台場で行われた同局の番組改編発表会見で「Live News α」のメインキャスター就任が発表された際も三田アナは「これまで私は8年間、情報番組を中心に担当してきました。報道番組のキャスターというのは新たな分野でのスタートとなりますし、身が引き締まる思いです」と思いを自分の言葉で語っていた。

さらに「どんな分野でも私のアナウンサーとしての信念には変わりがありません。これまで通り、自分の言葉に責任を持って(視聴者の)気持ちに寄り添いながら、心のある番組を作っていけたらなと思っています」と、真剣そのものの表情で続けていたのも覚えている。

キャスター就任時の決意表明通り、「自分の言葉に責任を持って」木村さんの死に対する自局の責任を、きちんと口にした三田アナ。

フジの、そして、番組打ち切りもうわさされる「テラスハウス」と言う番組の木村さんの死への責任は、SNS上で彼女を追い詰めた人たち同様、今後も問われていくと思う。

しかし、この夜に限っては、フジテレビは三田アナに救われた。私は、そう思う。

[via:スポーツ報知]
https://hochi.news/articles/20200526-OHT1T50044.html

坂上忍「匿名と一緒にされたら困る」

俳優の坂上忍が27日、フジテレビ系「バイキング」で、ネット内ではテレビなど他のメディアも誹謗中傷しているという意見があるということに「SNSの匿名さんと一緒にされたら困るなと」と意見を述べた。

番組では木村花さんの急死をきっかけに一気に議論が高まったSNSでの匿名での誹謗中傷について議論。

その中で、ネットではテレビなど他のメディアでも誹謗中傷しているのに、SNSだけがひどいと責任転嫁しているという声があることも紹介した。

これに坂上は「権力や、体制に対する自分の考えというものを、身元を明かして公共の電波の中で、何よりルールの中で言うのであれば、SNSの匿名さんと一緒にされちゃちょっと困るなと…」と意見。コメンテーターの峰竜太も「全然ちがいますよ」と坂上に同意した。

そして「テレビでいったら、行きすぎた発言、間違ったことなら訂正なり謝罪して、そのうえにBPO(放送倫理・番組向上機構)もあって。

もっと手前でいったら現場では(峰が出演しているTBS系)『アッコにおまかせ』もそうだと思うが、スタッフさんとせめぎ合ってる中で、どうするっていうのがありますから」と、数々ハードルがあることを挙げた。

峰も「ルールの中でやってますから」と言うと、おぎやはぎの小木博明も「本当にそう。テレビで言う人は責任持って言ってる」と匿名ではないことを挙げていた。

[via:スポーツ報知]
https://hochi.news/articles/20200526-OHT1T50044.html

ネットの反応

・今のフジにこれを言える人が他にいるだろうか
・三田アナには心がある!!素晴らしい
・この人はグッディでも、常に最も的確なコメントをしていた。
・三田アナはもっともっと評価されて然るべき人材。良くも悪くも見た目が「女子アナ」だから仕方ない部分はあるのだけど、実際はその間の取り方や紡ぎ出す言葉、気遣い、笑顔、全てにおいて完璧に近い。
・坂上だってスルーしたんだから…
・若いのに腹くくってるねー。
・そりゃあ実家が超セレブで結婚済みですから。小遣い銭程度のフジの給与ぐらい無くなっても痛くも痒くもないから、肝据わるんですよ。
・言うは易し
・確かに、ここで終わってはいけない。
・でもアナウンサー一人が原稿も見ずに、いわば自分の言葉で語った言葉を、フジテレビとしての発言ととらえていいのか。
・フジの社員と組織ではスタンスが違うからね
・フジのトップが未だに番組構成についての説明や謝罪がないのはね…どうなのかなと思うし。
・坂上「俺は堂々と誹謗中傷してるからいい」ということですか?
・顔と名前出せば誹謗中傷も許される( ー`дー´)キリッ
・匿名も実名も一緒じゃん
 >目糞鼻糞じゃねーか
 >影響力がある分よけいたちがわるい。
・匿名じゃないのが免罪符になると思ってるがヤバい
・名誉毀損に匿名かそうでないかは関係ないだろ。こいつばか?
・公共の電波でデマ流してんのに開き直ってんじゃねえよ
・誹謗中傷で金をもらう最も賤しい仕事
・ワイドショーのMCはフジの社員じゃなくてタレントだから他人事なのでは?
・責任ってこいつらみたいにいつも身内でかばいあうことかな?
・自分で謝らないよねアナウンサーが謝るだけでMCなのに責任取らない
・匿名じゃない人にタヒねって言われた方がよりショックだけどな。
・バイキングで坂上忍が「死ねってなかなか言えないですよ」と言ったんですが・・・

関連商品

コメント

  1. 29
    名無しさん 2020/06/23 13:12

    直接的に法的に訴えられるのはSNSで暴言をした個人でしょうが、責任の主体は番組側です。
    悪いコメントを集めるきっかけをつくれるし、ある意味、SNSの罵詈雑言を止める手立てをもっているのも番組側だからです。
    編集次第で流れを変えられるのに、悪い方向へもっていっていた。
     時々、番組側に責任をおしつける行為を否定しているひとがいますが、あきらかに局側の人間ですね。
     まず、知ったかぶりというか、わかったうえでSNS側に責任転嫁しているのがひどいです。
     まあ、こんなコメント欄だとすき放題かけるからいいのでしょうが・・・。
     特におかしいところは、“ヤラセ”とか“台本通り”などと文句を言っている層と、今回、暴言を羅列してしまった層は異なります。
     前者はある程度年齢のばらつきがあり、30代以上もふくまれます。後者はティーンエイジャーが多く含まれます。これは、番組の視聴者層や、この物語にどっぷりはまってSNSで拡散する層はどういう層かという割合と一致しています。
     テレビ局が個人を自殺までおいこんだ番組は一般の完全に架空な創作作品とは違います。意図的に架空の登場人物なのか一般の現実の人物なのかあいまいな演出にしているのは事実です。
     そのことについて、大人の30代以降に当然演出があるのはわかっとけよというのは普通だとおもいますが、メディアリテラシーの観点から、10代のこどもたちの不特定多数にそれをわかれというのは知能の低い発言です。
     こういうサイトのコメント欄で登場するメディアのやらせ批判ができるまでにテレビ慣れしている世代と、テレビ局が個人を自殺までおいこんだ番組のみせる夢(その番組が初期のころのギスギスしていないつくりのころの夢ですね)にどっぷりはまれる10代の層はまったく別モノのものです。
     さかがみしのぶも、SNSを悪人呼ばわりしていますが、知能のある人なら当然わかることですが、実名を明らかにしていれば他者に「氏ね」と言っていいわけではありません。
     「僕は匿名じゃなく実名をさらしているので僕の暴言は許されます。いまからみなさんに「氏ね」っていわせてもらいます」が、通るでしょうか?
     知能のある人なら、これは通らないということはわかりますよね。
     問題は匿名かどうかではありません。SNSに実名で登録して、そのうえで、件の被害者に暴言を放っていた人がいたら、そのひとは実名だから許されるのでしょうか? そうではありませんね。
     さかがみさんも、自分が飲み会で職場関係者パワハラをする側として疑われていますから、自分の痛い腹をさぐられるのがいやだったのでしょう。

  2. 28
    名無しさん 2020/06/06 21:12

    匿名云々より
    反響分かってて放送したメディア側が反省しろ
    舐めたこと言ってると見てやらないぞ

  3. 27
    名無しさん 2020/05/31 9:16

    坂上の言い訳が酷い。匿名じゃなきゃOK?そんなわけあるか!金銭や生活環境によって差がありすぎて坂上を訴える側は一般人では無理だ

  4. 26
    名無しさん 2020/05/30 3:54

    SNSが~ネットが~で責任転嫁してる奴等はなにをそんなに怯えてるの?ネットで叩いてた連中も悪いのは言うまでもない。ただ番組の行き過ぎた演出それをリアルな番組というのをある意味売りにしてたんだからその下地を作ってたことにはなるだろ
    それすらも認めないでSNSだけに責任押し付けてたらそりゃ反感食らうわ

  5. 25
    名無しさん 2020/05/30 3:27

    台本だと演出だと言い訳するぐらいならもうめんどくせーから最初からずっとテロップでこれは演出で台本にのっとって演じてますとテロップ入れとけよ。なーにがリアリティショーだくっだらねー

  6. 24
    名無しさん 2020/05/29 9:43

    調子にのってエスカレートした演出が面白いとして放映したのだろう。制作は話題集中!!とウキウキだったろう。炎上中も。
    この乗りはK国の番組に多い手法。さすが河田町時代の在がひしめくフジテレビ。
    この様なトラブルは在が居なくなるまで続くね。反省出来ないから、この人種は。

  7. 23
    名無しさん 2020/05/28 22:19

    マスゴミが〜マスゴミが〜で責任転嫁してる奴等は己の言動を見直すことすらできない厚顔無恥人間だって証明にはなるね。
    誰かひとりが悪いわけじゃない。今回の件に限らずネットに匿名の誹謗中傷書いたことある奴はネットで匿名なら炎上させてもいちって土台作りを担ってたし、それを基に煽るような番組作りをしたマスコミも、今回直接的に中傷してた奴等もいる。
    だが実際にはテメェらの血にまみれた手を誤魔化してしたり顔の上から目線で他者批判で悦に入ってる偽善者ばっか。
    たまたまこの子のケースが最悪の悲劇に繋がっただけでお前ら自身のコメントで傷ついたことがある人間が山ほどいる。そしてお前らにその自覚すらないのがこの社会の病だよ。知り合いにひとりでもそういう被害者がいれば分かるよお前らにも。

  8. 22
    名無しさん 2020/05/28 21:41

    どーでもいいけど坂上はうざい。

  9. 21
    名無しさん 2020/05/28 19:52

    >米国では自殺者も相次いでいるリアリティー番組出演者

    これは事実ですか?
    事実なのであれば、テレビ局側は出演前にきちんとこのような説明をしたのでしょうか。

    医療のインフォームドコンセントのように、非対称的な力関係があるテレビ局と出演者との間ではこのようなリスクの話がなされているべきだと思います。

    きちんとこの説明を受けて、それでも出演を了承したのであれば本人にも一定の責任がありますが、そうでないならテレビ局側の責任は一層大きなものになるでしょう。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事